慢性疲労について

つらい慢性疲労症候群

慢性疲労

慢性疲労症候群は、強い疲労感から動けず、日常生活に支障が出る疾患です。でも、原因が分からないことや、一見した際に病気とわからないために、「怠けている」とも受け取られ、本人も周囲も辛い状況に陥ることがあります。

しかし、検査では原因がわからないといっても、 必ず、その方その方の体に原因はあるものです。整体では、それぞれの方のお体をみて、整えていきます。また、心が、体に多くの影響を与えている場合が多いのも慢性疲労の特徴ですので、心のケアにも力を入れています。 自分でどうにかしようとせず、ご相談くださいね。


元気に動ける体を目指して

カウンセリング

​慢性疲労をなおしていくには、その乱れの元になっているストレス・体にかかっている負荷・思考・感情・周囲との関係性などを取り除いていくことが大切です。

整体セラピーでは、以下のように整えていきます。
【整体セラピー】
①体のストレスとなっている、構造的な歪みを取る(骨格矯正)
②筋肉の緊張を取る
③内臓疲労の解消
④神経の緊張の緩和
⑤脳神経を休ませる
⑥体に影響している、マイナスのエネルギーの解放

​【カウンセリング】
⑦自分がいま、どのような状態かを知る。日常生活に活かせるケアの提案
⑧ストレスとなるもの・環境があれば、それに対する認知を変えていく

えみオーナーより

慢性疲労で来られた方の整体をした際のことです。
体の過度な緊張。
気力の著しい減退。
が、みられました。
体の大きな特徴としては、背骨の湾曲。長年の神経の緊張が見とれます。

では、なぜその神経の緊張が起こりやすい体質なのか。根本的な解決のために、そこを探っていきます。

体の、ある関節部分の不具合。そこから体が傾いて、お腹の中心に力が集まらない。気が抜けていく状態でした。なので、外部からの影響を非常に受けやすい。周りのエネルギーに翻弄されるので、つねに緊張してしまう。ということがわかりました。
ですので、まずは関節の不具合を調節して、骨盤・背骨の湾曲を整えていきました。そしてエネルギーの調整です。
終わった時には、30年来の背骨の湾曲も、整いましたよ

ご本人からも、「体がまっすぐに立てている!」「力が内側に入ってきている感じがする!」って、言っていただけました。

内側の気力を養う事ができるようになると、物事のとらえ方、考え方、行動も、どんどん変化していきます。

​体を整えるということは、表面的なものだけでなく、内面も変えていく事ができます。

整体セラピーでは、その方その方に応じて、いまの症状の原因を探って整えていきます。自身の体からのサインを知りたい方は、ご相談くださいね。

症状別一覧にもどる

様々な症状に対応した  セラピーメニューはコチラ

 

PAGE TOP