不眠について

朝スッキリ起きれていますか?

不眠不眠は、色々なタイプがあります。なかなか寝付けない・夜中に目が覚める・朝すっきり起きれないなど、眠りに関して体が上手く機能していない状態をいいます。

不眠の方のお体を診ると、体が休んでいても頭が常に働いている・体が固くて弛緩できない・呼吸が浅いなどの傾向があり、交感神経の活動が優位になりすぎているか、副交感神経の働きが鈍くなっている状態が多いです。

これが続くと、体の活動と休息の切り替えがうまくいかなくなり、慢性疲労のような状態にもなります。

今、日本人の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答しています。

しっかりとした睡眠は、体を正常な状態に保つためにも非常に大切!!整体では、神経が正常に活動できるように整えるとともに、睡眠に関わるホルモンが出るようにしていきます。


眠れる体を作る
マッサージ・整体整体では、まずお体で慢性的に緊張が続いている箇所を緩めることから始めます。
骨盤と仙骨・そして頭蓋骨は、自律神経系に深く関わっているので、骨格も同時に整えます。内臓疲労がある場合も神経系に影響があるので、内臓の調整をし、自律神経のバランスを取りながら、脳神経を休ませるようにもしています。   

整体セラピーでは、以下のように整えていきます。
​【整体セラピー】
①体の緊張箇所を緩める
②骨格の調整
③内臓の調整
④自律神経を整える
⑤脳神経を休ませる

​【カウンセリング】
⑥自分がいま、どのような状態かを知る。日常生活に活かせるケアの提案
⑦ストレスとなるもの・環境があれば、それに対する認知を変えていく

えみオーナーより

最近眠りが浅く、睡眠中に色んな場面が浮かんでは消えて、目覚めが悪いというお客様が来られました。

お体を診ると、左肩から背中にかけて筋肉が硬直し骨盤の左側が固まっていました。こういった状態では、いざ寝ようとしてもなかなか体が緩んで行かず、体の活動と休息の切り替えがうまくいかなくなりやすです。

夜間は、体は休めているのに頭が休めていない。また日中は、体は動いているのに、頭が動かない。という状態にもなりやすいです。

休めていないので脳に慢性的な疲労が蓄積され、眠っていても頭が休まり切らず、徐々に睡眠の質が下がっていってしまいます。

整体では、まずは硬直した左半身を緩め、自律神経系、そして働い過ぎていた脳を休ませて行きました。

翌日「今朝は目覚めもよく、気持ちよく起きたのは久しぶりです。本当にありがとうございました。」と、ご連絡をいただきました。

しっかりとした眠りは、健康への第一歩です。ちゃんと眠れていないかも…と思った方は、ご相談くださいね。

 

お申し込みはコチラ

※スキャニングセラピー、または+プラス整体がお勧めです。
※サロンまで来れない方は、遠隔もご相談ください。
※お問い合わせもお気軽にどうぞ。

整体セラピーメニュー

 

症状別一覧にもどる
PAGE TOP