更年期について

人生の節目・更年期

更年期更年期は、閉経前後の約10年ほどの期間を言います。女性ホルモンが急激に減ることにより、めまい、のぼせ、関節の痛み、首肩こり、眠りが浅い、気分が沈むなど、体と心に影響します。
また、この年齢は、会社では責任、家庭では子育て・介護など、役割も多く、体の不調を悪化させやすい時でもあります。

しかし、更年期は生き物としての変化ととらえると、性を超えた自由な生き方へと生まれ変わる時期ともいえます。

動こうにも動けないというのは、辛いものです。しかし、新しい自分に出会う気持ちで前向きに過ごしていく事で、かならず変わっていきます。心身に届くセラピー整体で、少しでも楽に過ごせるようお手伝いさせていただきます。


女性としての自分を取り戻していく

マッサージ更年期の症状がきつい方というのは、体の弾力がなくなっている方が多いです。骨盤の動きはもちろんのこと、背骨、そして捻じれの動き、肩甲骨の動きに制限が入り、ご自身の心の窮屈さともあいまって、症状をひどくしています。整体では、体の弾力を取り戻し、スムーズに動けるように整えていきます。生理から解放される時に、より自分の女性性を大切にできるよう、心のほうにも働きかけ、ヒーリングしていきます。

【整体セラピー】
①体のストレスとなっている、構造的な歪みを取る
②神経の緊張の緩和
③内臓疲労の解消
④筋肉も緩め、血の巡りをよくしていく
​⑤ホルモン・自律神経系を整える
⑥体に影響している、マイナスのエネルギーの解放

​【カウンセリング】
⑦自分がいま、どのような状態かを知る。日常生活に活かせるケアの提案
⑧ストレスとなるもの・環境があれば、それに対する認知を変えていく

えみオーナーより

更年期は、女性が誰でも迎える変化の時期です。
その変化の時を、いかに楽にスムーズに移行していけるか…。​

一概には言えませんが、自分を肯定的に受け止め、体に変化の余力がある方は、楽に移行していきやすいと考えています。整体セラピーでは、症状だけを追うことなく、その方自身らしさが出るようにしてきます。

以下は、更年期の年代の方への整体の際のことです。
体のこわばりはもとより、心にもこわばりがありました。
小さな頃より、敏感な感性で世界を見ていたから、怖さのようなものをずっと抱えてこられていたんです。でも、その癖にも気がついたから、見え方が変わられました。

お客様からいただいた整体後のメッセージです。

「ありがとうございました。ほっとしました。なんか、毒が抜けたような感じで(笑)。
まずは、身体が楽になりました。
そして、不思議なことにいろいろと、私のことをわかっていただいていて、それを聞きながら、心も楽になりました。
感性が豊かと言っていただくと、恥ずかしいような気持ちになりますが、確かに妄想力みたいなものが大きくて(笑)。それが、いいときと悪いときがあるようです。
アドバイスいただいたとおり、ときどきは自分を甘やかしてやりたいと思います。
ほんとに、恵美さんは魔法使いですね~(笑) 。誰にでもできる施術ではないと思います。恐れ入りました。
また、機会を作ってお邪魔します!」

ありがとうございました。
体にはこれまでの生き方が詰まっています。そこを客観的に受け止めて、理解することで、驚くほど体も心も軽くなることがあるのです。

更年期は辛いもの。不調は仕方がない。
そういった考えもありますが、体はいつでも楽になる力を持っています。
あきらめずに自分と向き合っていただけたらと思います。

体も心も楽になって、羽ばたいてくださいね。

症状別一覧にもどる

様々な症状に対応した  セラピーメニューはコチラ

 

PAGE TOP