CORAM

自分を責めてしまう・しんどい、辛い時

思うように出来ない時だからこそ


自分を責める

セラピーに来られる方のなかには、ご自身に「何もできていない」「こんなものではだめだ」「もっとやらないと」と、かなりの負荷をかけている方がいらっしゃいます。

先日来られた、長年の持病から家族に迷惑をかけているのが辛いというお客様。 家事が思うように出来ない。 働きたいけど、働けない。 と、かなり自分自身を責められていました。

確かに、いわゆる平均的な主婦像からしたら、動けていないのかもしれません。でも、そんなのは関係ないのです。 ご自身の中では、相当頑張っておられるんです。ご自身のキャパシティを、完全に越えています。

毎日3キロ走るのが苦にもならない人もいれば、それが命に関わるくらい大変な人もいる。まずは自分自身がどのくらい出来るのか出来ないのか。それを知ってからでないと、余計な負荷を自分にかけ続けてしまいます。

ご自分を責めてしまう方は、まずは自分が頑張っている部分と、頑張れない部分を知ることが大切です。

まずは自分のキャパを知ろう


自分を責める方の多くは、ほとんど架空の誰かと比べて出来ない自分を落としています。 そして、その比べる対象は、自分で設定しているものです。

それは、誰か自分よりも出来ると(思っている)人と、比べる癖がついているもの。または、親や教師、上司から、常にだれかと比較されてきた為、自分以外のほうに重きを置いてしまうもの。

そして意外に多いのが、自分は本気を出したらもっと出来るはず!という自尊心から(多くは裏返しに劣等感も含んでいます)のものなどがあります。

いずれにせよ、これは、現時点での自分自身の状態から乖離したものです。

自分の希望・人並み・世間。それはひとまず置いといて、とてもしんどくて、辛いと感じてる現在の自分を、まず受け止めましょうよ。許しましょうよ?って、話です。

もし誰かが「そんなことも出来ないの??」って、言ったとしても、自分にとってはそれは、大変な負荷がかかることなんです。

人により、何をどこまでしんどく感じるのかは、全く違います。

まずはそのことを、自分自身に落とし込みましょう。そのうえで、自分の出来る範囲。頑張ったら出来る範囲。頑張っても難しい範囲。というものを、ちゃんと把握していくのです。その上で行動し、認めるということが大切になります。

キャパを知って、そのうえで判断する

もし、「何もできていない」「こんなものではだめだ」「もっとやらないと」「出来てうない」と感じた時は、「こんな自分はダメだ」と、自分を責めるのでなく

  • 人並みとか世間とかの物差しでなく、現状の自分の状態を冷静に客観的に見つめる。
  • その上で、出来ること。少し頑張れば出来ること。難しいこと。を判断する。
  • 上記の判断の上、自分自身が「あ、頑張っているんだな」と感じれることを一つでもする。

と、自分のキャパシティを知ったうえで「あ、ちょっと頑張ったかも」と、感じれることを増やしていくのです。自分への肯定感を高めます。あと、大切なのは、周りとの関係ですね。

自分が肯定感を高めようとしても、悪気なく「え?出来ないの?」って言ってくる方はいるものです。なので、防御するために

  • 迷惑をかけるかもしれない人に、状態を伝える。
  • フォローしてくれる人に感謝する。
  • 気にしない

自分を責める人は、「気にしない」技術が下手です。これも技術です(笑)元々の性格だから…と諦めず「自分は出来る以上のことはやった。だから気にしない」と、考えていくことも必要ですよ。

 

自分を責める事での体への影響


自分を責め続けていると、体も調子を崩します。
ストレスホルモンの分泌が過剰になり、不眠や不安障害などの症状が出て来ます。

「これ以上頑張るのは、しんどいのだな」と、感じれるのは自分しかいません。 しんどさの定義に、世間や人並みは、関係ありません。自分がしんどいなら、しんどいのです。

「自分を認め、許す」という事ができない方は、緊張のため肩が上がり、呼吸が浅くなりがちです。ですので、まずはゆっくりと呼吸をするということを心がけてください。 そして、等身大の自分を認めてくださいね。認めることで、体がホッとします。呼吸もゆっくり出来るようになります。

 

さいごに


自分を責めてしまう時は、等身大の自分を認める。そのうえで動くことが大事だとお伝えしました。

自分を責める時間を、自分が楽に過ごす時間に変えていく!そう決心するだけで人は変わるものです。

でも、上記のことをやってみても、やっぱり責めてしまう。という時は、ご相談ください。

自分の中に、何かブレーキになっているものがある場合もありますし、他者からの思考の妨害を受けて動けなくなっている。などの理由の場合は、自分でどうにかしようとしても難しいです。

整体セラピーでは、心のエネルギーを紐解きながら、何を元にご自身が動かれているのかを探っていきます。

あなたが笑顔で、楽に過ごす毎日が増えますように。

関連記事

  1. 発達障害の方の思考法
  2. 特定の人に執着してしまうのは・人との境界線が
  3. 不安になる時の対処法
  4. お悩み相談
  5. 自己否定が止まらない時の対処法
  6. 体に本当に大切なこと・正しい食事制限のやり方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP