CORAM

万能の手当法

こんにちは。
かなり効果の高いセルフケア法の「蒸しタオル法」をお知らせします。

蒸しタオル健康法 目が疲れたら目に。身体が痛い時は、痛いことろに。内臓が疲れた時は、その内臓の上か、その背中側に。風邪をひいたら後頭部に。etc…これは、まさに、万能です。

蒸しタオル法というのは、濡らしたタオルをレンジでチンして、患部に当てるだけのシンプルな方法です。

これのどこが良いのかというと、程よい熱刺激を身体に与えることが出来るからです。

蒸しタオル健康法蒸しタオル健康法 熱いタオルを乗せると、患部の血管や周囲の組織が熱によって緊張し、ぎゅっと力が集まります。

左図は、老廃物がたまった血管のイメージ。徐々に冷めてくることによって、緊張が緩み、中にたまった老廃物が流れます。(右図)
筋肉の緊張もゆるみ、痛みや不快感の元になっていたものが、流れることによって、症状が緩和されていくのです。

赤いものは、痛みや不快感の元になっているもののイメージです。

また、この短時間での熱→冷刺激が、自律神経も刺激するので、治癒力が高まるのです。
風邪の引き始めの時に後頭部に当てると、体温を調節する神経に働きかけ、体温を放散する働きが強まって、一時的に熱が上がった後、下がり始めますよ。

お客様には、湯たんぽやカイロでもいいのですか?と聞かれるのですが、この短時間の温→冷刺激に意味があるので、「蒸しタオル」をお勧めしています。

そして、大体、3回~5回。タオルが冷めたら熱いものに取り換えるようにしてください。ちょっと面倒って感じるかもしれないけど慣れれば簡単です。入浴やシャワーとは、前後3時間は離して行う必要があるので、ご注意くださいね。

捻挫や打撲の時にも、いいですよ。体の修復力が高まるので治りが早くなります。

ぜひお試しください。

関連記事

  1. 頑張りすぎる
  2. 妊活整体
  3. 体に本当に大切なこと・正しい食事制限のやり方
  4. 人混みが疲れる・人混みが苦手な方へ
  5. 常に緊張している人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP